ページの先頭です

脊柱管狭窄症で腰痛と左下肢に痺れと痛み

住所
〒564-0062 大阪府吹田市垂水町2-3-26 若村ビル201
女性特有の悩みの改善が得意です。

電話番号 06-6386-7063 受付時間 平日 10:00~12:00 / 15:00~21:00 土日祝 12:00~17:00 休業日 不定休 TOPページ下部のカレンダーをご確認下さい。

脊柱管狭窄症で腰痛と左下肢に痺れと痛み

整形外科で脊柱管狭窄症と診断されて

通院してみたものの腰痛と膝や足の痺れと痛みは変わらず歩くのも大変なおばあちゃん。

脊柱管狭窄症とは

加齢により起こる場合、椎体と椎体の間には水分に富んだ椎間板がクッションの役割を果たしています。しかし、加齢により椎間板は徐々に水分を失い弾力性がなくなって後部に飛び出すように変性していきます。
また椎間板が変性して本来の役割を果たせなくなることで、複数の椎骨が積み重なった背骨はグラグラと不安定な状態になります。これにより過剰なストレスを受けた靭帯は分厚くなっていき脊柱管が狭まっていきます。脊柱管の狭窄は一種の老化現象とも捉えることができます。その他には生まれつき脊柱管が狭い「先天性脊柱管狭窄症」があります。
また脊柱管狭窄症の発症は日常生活で腰への負担がかかりやすい姿勢や動作を繰り返すことで誘発されることがあります。また、交通事故や骨粗しょう症、喫煙や運動不足に関連した背骨の圧迫骨折後に脊柱管狭窄症を発症することがあります。

メディカルノートより参照

 

まあ、当院は整体院なのでレントゲンは撮影できないので脊柱管狭窄症の程度はわからない。

まぁ、できることをやっていく。

脊柱管狭窄症うんぬんの前に膝が完全に曲ってしまっている。

膝が曲がった状況では腰への負担も大きくなってしまう。

膝痛や足の痛みも、これが影響してるのは間違いない。

土台が不安定な状態では上半身の安定はない。

慎重かつ丁寧に施術歴15年の結果。

1度目の施術でここまで戻せれば御の字。

どうしても年齢とともに回復力、反応力は衰えてしまうので、まだまだ先が長くなりそうな患者さん。

でも、歳をとっても反応や回復に時間がかかるだけで治ろうとする力は健在

これを2回3回4回と根気よく繰り返して足首、膝、股関節の柔軟性と安定を取り戻していく。

 

追記

5回目の施術を終了した時点でお尻から足への痺れ、痛みはなくなっている。

まだ少し腰痛はあるが以前よりはマシに。

ずいぶん歩きやすくなったので通院も楽になってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせ

豊津カイロプラクティック院

〒564-0062大阪府吹田市垂水町2-3-26 若村ビル201 受付時間 平日 10:00~12:00 / 15:00~21:00 土日祝 12:00~17:00 休業日 不定休 TOPページ下部のカレンダーをご確認下さい。

駅からの道順はこちら

メールでのお問い合わせ

患者さんの喜びの声

院長コラム

プリル院長のTwitter

〒564-0062
大阪府吹田市垂水町2-3-26
若村ビル201

阪急豊津駅から徒歩2分!

駅からの道順はこちら